MOSMSにおける「保全」の定義

プラント/設備の全ライフサイクルの全き(まったき)を保つ機能が「保全」です

「企業の永続的な経営を可能にし、経営者、従業員、顧客、株主などの利害関係者(ステークホルダー)の利益を最大にするために、プラントおよび設備の全ライフサイクルの各段階で期待される機能を保ち、それによってサイト内・外のロス・リスク低減に寄与する役割および組織的機能」を「保全(設備保全)」と考えます。

関連ファイル
生産保全PDF

ページの先頭へ戻る

« MOSMSとは MOSMS構築研究 »